ゲームをつくる・仕事を知る

アニメーションエンジニア

アニメーションエンジニアの仕事

  • キャラクターアニメーションシステム構築
  • アニメーションライブラリ作成
  • 物理シミュレーション作成
  • アニメーション関連技術研究

ゲームのコアとなるキャラクタ動作の制御や自然なアニメーションを実現するための専門家です。3Dアニメーターだけでなく、他のビジュアルアーティストやゲームデザイナーと連携して実装し、モーションキャプチャのデータ作成に関わることもあります。
アニメーションの基本ライブラリ、IKシステムや物理シミュレーション等ランタイムで物を動かす仕組みの構築、モーションマッチング、新しいフェイシャルアニメシステム等新しい技術の研究、実装も行い、最近は機械学習系の技術も使用します。

どんなことを勉強するといいの?

  • 順運動学、逆運動学、数学、物理学
  • 動作制御に関する知識
  • 実装用言語とツール用言語
  • 高速化の知識
  • 機械学習系の勉強

運動や物理シミュレーションが理解出来る程度の数学、物理学の知識と言うと難しそうですが、知っている、使えるということが重要であり、これらの学問を高いレベルで修める事が必須という事ではありません。
ブレンドツリーやステートマシンなど、モーション遷移や動作制御に関する知識、時間やパラメータ等の条件で様相が変化したりする事とその制御方法などを調べて学んでみてください。
実装時は主にC++を使用し、ツール制作にC#とPython等を使用しています。

DCCツールからのエクスポーターを作る事もあるので、DCCツールのタイムラインエディタ系も知っておくと良いでしょう。アニメーションの重い処理を高速化するテクニックなども調べてみてください。短い時間で処理ができればその分、表現が豊かに出来る余地が生まれます。