BNSライブラリ

先輩社員インタビュー #6

M.Eさん
2015年新卒入社  アートディレクター

学生へのメッセージ
「ゲームクリエイター」という肩書きを目標にするよりも「どんなクリエイターになりたいか」をイメージしておくことが重要です。いざとなった時に迷わないよう、「どうあるべきか」を今から描いておきましょう!

普段の仕事内容は?

現在は2つのプロジェクトを掛け持ちしています。1つ目のプロジェクトでは運営イベントの告知バナーのデザインをしています。タイトルのファンに「このイベントに参加したい!」と一目で思っていただけるよう、ディレクターと何度もやりとりをしながら完成度を上げていく仕事です。2つ目のプロジェクトではアートディレクターを務めています。ビジュアルスタッフの状況を把握して統括し、クオリティ管理をする仕事です。スタッフの作業を随時確認し、指針に沿うように修正指示などを行います。現在はテレワーク下にありチャットでニュアンスを伝えることが難しいため、BeforAfterの画像を用意して細かく指示を記した資料を用意するなど工夫しています。また、UIデザイナーとしての作業も並行して行っています。ディレクターのイメージに近づけるようレイアウトの修正を繰り返しながら、柔軟性のあるアイデア出しを行う業務です。

バンダイナムコスタジオへの入社のきっかけは?決め手となったことを教えて!

おもちゃと連携できる子供向けのゲームが作りたくて、トイ事業や子供向けアニメの展開があるバンダイナムコグループに入るのが第一希望でした。もともとは漫画の装丁家志望で出版業界を目指していたのですが、学生時代にゲーム業界に携わる機会に恵まれてゲーム制作の楽しさを知り、院卒業の1年前ギリギリに進路変更するという転機を経ました。そのままゲーム開発を続けたい意思が強かったので、グループの中でもソフト開発を中心に行っているバンダイナムコスタジオを志望しました。(子供向けタイトルを作りたかったのが一番の動機ですが、DSでPになったのもきっかけの一つだったり…?)

仕事の一番のやりがいを教えて!

一番やりがいを感じる瞬間は、やはりファンのみなさんに発売を喜んでいただけた瞬間です。入社してまもなく、世界中のファンが熱望しながら新作の発売を待っているような大規模プロジェクトにアサインされました。その期待に応えなくてはならないというプレッシャーに耐えながら、何度も何度も提案を重ね、チーム一丸となってハイクオリティな完成度を目指し、やっとリリースしたあかつきに世界中のファンの歓声が響きました。その瞬間の達成感とやりがいは、何年経っても忘れられません。今は別のプロジェクトでアートディレクターを務めていますが、自身が指揮を取ることで理想の方向へチームを導き、高い完成度を目指さなくてはならないという責務があります。その重要な役割を果たした先にも多くのファンの笑顔があると思っているので、その瞬間に再び出会える日をやりがいに仕事を続けています。

これからの目標を教えて!

今抱いている最終的な目標は、これからゲーム業界を目指す人や入社してくる若手の人たちに「この人みたいになりたい!」という憧れを抱かれるようなクリエイターになることです。未来を担う新しい感性を持ったクリエイターに「この人の元で働きたい」と思ってもらえることが理想的な上司のあり方なので、最終目標に設定しています。まずはその第一歩として、「声を掛けられるクリエイター」を目指します!バンダイナムコスタジオには高いスキルと素晴らしい創造性を持った方がたくさんいらっしゃいます。そんな中で「これはぜひこの人に任せたい」と選んで声を掛けてもらえるということは、とても喜ばしく光栄なことです。そこで期待に応えて成果を出し続ければ、自身のクリエイティビティに対して信頼を得ることができると考えています。

写真