NEWS RELEASE

  • 2018.10.12
  • CORPORATE

『CEATEC JAPAN 2018』バンダイナムコスタジオ出展のご紹介

  2018年10月12日

 

株式会社バンダイナムコスタジオ(本社:東京都江東区永代 代表取締役社長:中谷 始)は、
      CEATEC JAPAN 2018(シーテック ジャパン 2018)
      ( Combined Exhibition of Advanced Technologies)  に出展します。

 ・日時:2018年10月16日(火)~19日(金)10:00~17:00
 ・会場:幕張メッセ(国際展示ホール4 「IoTタウン2018」内S015-12)バンダイナムコホールディングスブース

 

出展の内容

■ミライ小町

 バンダイナムコスタジオのゲーム開発技術や未来に向けた技術研究を紹介するために生まれたオリジナルキャラクターです。技術と共に世界中の人たちを笑顔にしたいと願う未来型アイドルです。

 CEATEC JAPAN 2018では、バンダイナムコグループの出展を紹介させていただきます。

 

■ブラブラメディア

 街中を歩きながら位置情報に応じた音声データを聞いたり、自分でデータを投稿して楽しめるこれまでにない新しいアソビの仕組みです。

 キャラクターボイスを聞きながらアニメのゆかりの地を巡る“聖地巡礼”や、タレントやキャラクターとの“バーチャルデート”、地方自治体と取り組む“観光案内”、音声案内による店舗へ送客を行う“広告”など、様々な仕掛けにご利用いただけます。

 会場では、伝説のゲームクリエイター「遠山さん」の声を聴きながらブースをブラブラできる特別企画「レンタルおじさん」が体験ができます。

※ブラブラメディアは株式会社バンダイナムコスタジオと株式会社バンダイナムコエンターテインメントが共同で開発をしました。

 

■AIセリフ監修支援サービス

 シリーズ(続編)作品のアニメやゲームの登場キャラクターのセリフ監修をAIが支援します。 キャラクターの個性を形成する過去のセリフを機械学習。AIが新たなセリフ作成時にその「キャラクターらしさ」を数値化。語尾の言い回し、口癖の識別はもちろん、キャラクター間の呼称の誤りなども検出します。個性を生かしたセリフ作成支援でキャラぶれが防止できます。

 

■おけいこびっと(仮)

 ロボット博士を目指す子供のための、最初の実験キットです。小さな箱の中には、ロボットを作る部品がたくさん詰まっています。まるで持ち運べる研究所のよう。

 プラモデルのようにパーツを切り出して組み立てられます。プログラムも簡単。センサーを追加して新しい装置にしてみたり、デカールを貼ってデコレーションしたり、いろんな工夫をして、自分だけのロボット開発に挑戦しよう。

 

【バンダイナムコスタジオ 概要】
会社名:株式会社バンダイナムコスタジオ
所在地:東京都江東区永代2-37-25
代表者:中谷 始(代表取締役社長)
設立日:2012年4月2日 資本金:1,000万円
事業内容:家庭用ゲームソフト、業務用ゲーム機、モバイルコンテンツ、PCコンテンツなどの企画・開発・運営
URL:https://www.bandainamcostudios.com/

 

※ニュースリリースの情報は、発表日時点のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。